前へ
次へ

営業求人での転職で個人営業と法人営業の違い

仕事をしているともっと仕事がしたい、キャリアアップしたいと思うことはあるでしょう。
ある程度の経験があると似たような仕事だからと別の会社に転職してキャリアを積もうと考えるかもしれません。
営業職の仕事であれば他の会社の営業求人に応募すればそれが実現できる可能性があります。
ただ営業職として転職をするときの注意としてこれまでの営業職と次の会社の営業職に違いがあるかを知っておく必要があります。
違いがなければ成功できる可能性も高いです。
営業求人の種類として個人営業か法人営業かがあります。
個人営業は個人に対して販売する仕事で訪問販売や対人販売などが主になります。
一方法人販売は企業などに訪問して販売することになり、仕事のやり方がかなり違うこともあります。
同じ自動車の販売でも個人なら一台ずつお客さん毎に提案をしますが、法人向けだと一度に数百台の取引もあり値引きに応じたり納車をどうするかなどもいろいろ考える必要があります。

Page Top